コンペとは

2022年02月27日 15:02

ご指名いただいて曲や詞を作ることもありますが、多くはコンペに参加する形です。
どうも売れない音楽作家アーシーです。

ここのところ毎日、コンペ用の楽曲制作に追われる日々
当たり前ですが締切というものがあるので、毎回時間との勝負です。
ちゃんとした曲や歌詞が作れるのは当たり前で、締め切りに間に合わせるということも大切であるからして
我々は死に物狂いで、それはもう鬼の形相で一人黙々と仕事をしております。

元々、私は一人で仕事をすることが大好きな人でした。
今でもそれは変わらないですが。
協調性はないわけではないけれど、他人のペースに合わせたり他人に気を使いながら働くのが滅法嫌いです。
数々のアルバイト経験者ですが、多くは一人で任せてもらえるバイトに付きました。
本当に色々やったなぁ。。今思えばよくやってたなぁと自分を褒めてやりたいです。
トラックの運転手もやりました。
朝の2時起きて、3時には荷物を積み込んで、山口県の方まで行って帰ってくるのが夕方。
そんなことをやっていたなんて信じられない。
もう今となっては絶対やりたくありません。

話が逸れましたが、とにかく日々コンペに出す曲を作り続ける日々です。
コンペがなくてもいつ何時急な案件が入ってきても大丈夫なように、ストック曲を作り続けます。
毎日作るんですよ、毎日。
「作曲って降りてくる感覚ですか?」ってよく言われますけれど
そんな生やさしいものではありません。
捻り出すんです、脳味噌こねくり回して、ひっくり返して、悶絶しながら、呻きながら、叫びながら。

降りて来た時だけ作ればいいんだったらこんな楽しい仕事はないでしょう。
降りて来なくても作らなきゃいけないから大変なわけです。

良いアイデアが湧いて来なくてもやらなきゃいけない仕事はいっぱいありますでしょう?
そういうことです。

ラクな仕事なんてこの世にはありませんねぇ。

みなさん尊敬いたしますよ、ホント。みなさんよく頑張ってらっしゃいます。
私が世界を代表してみなさんを褒めて褒めて褒めまくりたい。

こうやって頑張ってる人がいるから社会は回るわけで、決して政治家が回してるわけじゃないよねぇ
って思いますよねぇ、ホント。

さて、今日もコンペの曲を完成させて、ついでに歌詞コンペもあったのでそれも完成させて
本日のお仕事はこれにて終了です。
コンペなんで、ゼロか100しかないんですが、決まれば「マジか、びっくり」
決まらなければ「まぁそうでしょうね」

そんなテンションでいつも生きております。

結果はどうであれ、とにかく創作し続けることが仕事ではございますので
作りすぎて頭や精神が崩壊して廃人になるまでは頑張ろうかなと思います。

いやはや、疲れた。
昼寝でもしよう。おやすみ。

EARSY


記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)