ざわざわ

2022年02月26日 12:04

ロシアとウクライナのことでここんとこ胸がざわざわしてどうしようもない。
戦争は対岸の火事ではないと思うからだ。

それにしても、子供の頃から歴史を学ばされ、戦争というワードは過去のものだとばかり思っていたのに
実際大人になってみると、遠い国でポツポツと必ず戦争は起こっている。

不思議なのは一般の人達のほとんどは戦争なんてしたくもない、家族が犠牲になるなんてとんでもない、

そう思っているのになぜ戦争は起こってしまうのか、という点だ。

まるで雲の上から神様が人間を操っているように、したくもないけど勝手にそうさせられているかのよう。

そういうことが現実に起こりうるのだから、我々日本人だって十分可能性はある。
雲の上から「隣の国は危ないぞ、敵だぞ、殺される前に殺しとけ」
そうお告げのように聞こえてきて、洗脳されてしまうかも知れない。

人間ってどこまでも脆弱

だから勉強をするのにね。

そういう悪魔の囁きを跳ね飛ばし、嘘や陰謀をちゃんと見極められるように
そのために勉強をして、新聞や本を読んでいるのにね。

つくづくバカバカしいのは
敵国とはいえ(勝手に敵だと思っている場合も含む)大金を投じて自然も歴史建造物も人命さえも破壊すること
バカバカしいの極みだとは思わないのだろうか。

何が欲しくて戦争をするかって、金でしょ、金
有り余る金と権力と支配力でしょ

つまらんことに金を使わなければいいし
権力が欲しければ正しいことをすればいい
支配したければ尊敬されればいい

戦争をして勝ち取ったものに、価値なんて無い。

どうかウクライナの皆さんが、穏やかに暮らせる日が1日も早く訪れますように。
どうか死なないで。

EARSY

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)