EARSYの日記帳

2021年10月14日 09:45
HPランキング参加ちう

日記をつけることにした

ブログというと何か偉そうなことや面白いことを書かなきゃいけないと身構えるし、性格上きっと続かないので、日記をつけることにしました。
きっとこれを毎日見に訪れる人なんていないし、自由気ままに思うがまま炎上しない程度に書き綴って行けたらと思います。
それくらい低めのテンションで、どうぞよろしくお付き合いください。
昨今、SNSで日々の出来事や感情などを世の中に露呈し、酔った勢いで恥ずかしいポエムを書いていたりして、朝それに気づいて本気で死にたくなるわけですが、皆様はいかがでしょうか。
私は比較的、動物的本能の赴くまま野生の勘で世の中をサバイブしているタイプなので、SNSの投稿も、この日記のことも全く深く考えていません。
なので読んだところで為にもならないし、だからどうした、で終わると思います。
しょーもないです、先に謝っておきます。

ただひとつだけ気にしているところは、正直な気持ちを書くこと、です。
カッコつけたり、無駄に可愛く見せたり、嘘をついたりはしません。
なのでがっかりするくらい残念な人だったりすることもあると思います。
私は決して完璧ではないし、思ってたほどクールでもないし、写真で見るほど美人でもないし、至ってノーマルな人です。
違うところは普通の人よりちょっとだけ音楽が上手に作れることだけです。
それ以外、普通です。普通なので普通のことしか描けません。
面白くもないかも知れませんが、そんなこと知ったこっちゃありません。

正直に素直に、悲しい時は悲しい、寂しい時は寂しい、嬉しい時は嬉しい
そんな等身大の日記を、自分のために続けていきたいと思います。(いつまで続くかわからないですが)
どうぞよろしくお願いいたします。

When it comes to blogging, I have to write something that looks great or interesting, and I'm sure it won't last because of my personality, so I decided to keep a diary.
I'm sure no one will come to see this every day, and I hope I can write it down to the extent that it doesn't burn at will.
With such a low tension, please keep in touch with us.
Nowadays, daily events and emotions are exposed to the world on SNS, and I write embarrassing poems with drunken momentum, and I notice it in the morning and I really want to die. How about everyone?
I'm a type of person who survives the world with a wild intuition with his animal instinct, so I don't think deeply about SNS posts or this diary.
So it doesn't help when I read it, so I think it ends with what happened.
There is no such thing, I apologize first.
All I care about is writing honest feelings.
Don't look cool, look uselessly cute, or lie.
So some people may be disappointed.
I'm never perfect, I'm not as cool as I thought, I'm not as beautiful as I see in the pictures, I'm a normal person.
The only difference is that you can make your music a little better than the average person.
Everything else is normal. Since it is normal, I can only draw normal things.
It may not be interesting, but I don't know.
Honestly and honestly, sad when sad, lonely when lonely, happy when happy
I would like to keep such a life-sized diary for myself. (I don't know how long it will last)
Thank you very much.

EARSY

photo by Tsuyoshi Fukunaga

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)