鶏と卵どっちが先か的な

2021年10月18日 14:41

今まで何度聞かれたかわからない質問は
「歌詞が先ですか?曲が先ですか?」

これ絶対聞くけど、なんでですか?
そんな重要?

と聞かれるたびに思います、どうもEARSYです。

まぁ、気になるんでしょうねぇ。

お答えしますと、私は100%曲先です。
0.000000001%も歌詞が先ってことは無いです。
今のところは。

もちろん、なんとなく「こんな歌詞がいいなぁ、この言葉を入れたいなぁ」ということはありますが
ガッツリときっちり歌詞を仕上げて、それにメロをつけることはまずありません。
なぜなら
歌詞が先にあるってことは、ものすごくメロディに制約がかかるってことでもあるからです。

文字数が既に決まってるので、音の数も当然その通りにしなければならない。
単語も決まっているので、それに合わせた音階にしなければならない。
例えば、雨、とあれば
あ↑め↓ と音階的には「め」の方を低い音にする必要があります。
「め」の方を高い音にしたら食べる方の「飴」になってしまうからです。

そんなこんなで、歌詞が先にあると必然的にメロディの自由度は少なくなるわけです。

みなさんまずご自分で思い起こしてもらいたいのですが、
初めて聴く曲、どこから聴きます?
音聴かず歌詞カードから読む人っていないでしょ?
まずは音を聞きますよね。
それでなんか心地よければ、次に歌詞をじっくり聞いているはずです。
歌詞カードと睨めっこするのは、その曲がとても気になるからです。
気にならなければ歌詞カードを見ることすらないと思います。

なので私はまずはメロディが良いものを作ろうと思っているわけです。

メロが先にあって、そこに歌詞を乗せていくほうが難しそう!
とよく言われますが、こればかりは慣れとしか言いようがない。
もう嫌になる程その作業をやっているので、メロやアレンジを聞くとなんとなく大まかにはイメージが湧きます
そして悩むだけ悩んで吐くまで悩んでようやく出てくる歌詞もあります。
でも瞬時に書けちゃうこともあります。
それはケースバイケースです。

それでもやったことのない人には、ピンと来ないですよね。
そりゃそうです、やったことないんだから。

なので何かに例えてご説明したいなと思います。
そうですねぇ、、曲作りを料理に例えると致しましょう。

曲を先に作って、後から歌詞を乗せるのを料理の手順で言うならば

1)何を作るかを決める
2)材料を揃える
3)手順を考える(イメージする)
4)材料を切ったり下ごしらえをする
5)焼いたり煮たりする
6)味付けをする
7)盛り付ける

まぁ普通です。普通に作れます。
ところがこれが歌詞が先になるとどうなるかと言うと

1)もうカットも味付けも下ごしらえもできてる材料があるのでこれで何か作りなさい

以上。

こうなってしまうわけです。

もう味もついてるし、カットもされてるので、
もうちょっと辛くしたくても出来ず
もうちょっと大きくしたくても出来ず

「少しだけ味付け、変えてもいいですか?」 と味付けしたシェフに恐る恐る聞いたら
「俺の味付けに文句があるんか!ふざけんな!これをなんとかするのがお前の仕事だろうが!1ミリたりとも味を変えることは許さん!!」
と怒られますので、とてもじゃないけど言えなかったりするわけです。

それに、その味を生かして、よりよくすることが仕事だとちゃんとわかっているので
必死こいてなんとか完成させるんですよ。。

我ながら上手い例えだなと思いますが、なんとなくご理解いただけましたでしょうか。

そう言うわけで、皆さんが聞いてらっしゃる現代の歌モノのほとんどが曲先なんですね。
もちろん、歌詞が先っていうこともあるだろうと思いますが
私が作家になってからは、一回だけそう言う仕事あったかなぁってくらいで
ほとんど経験したことはありません。

自分の曲でも、詞先で作る自信はございません。


I don't know how many times I was asked
"Is the lyrics first? Is the song first?"

Everyone definitely asks this, why?
Is it important?

Hi, this is EARSY.

Well, you will be curious.

The answer is that I write the song first.
Writing the lyrics first is not 0.000000001%.
at this point.

Of course, I sometimes say, "I like this lyrics, so I want to put this word in."
It's unlikely that you'll finish the lyrics well and add a melody.
because
The fact that the lyrics come first also means that the melody is very limited.

Since the number of characters is fixed, the number of sounds must be the same.
The words are also fixed, so you need to adjust the scale accordingly.
For example, "rain"(Japanese "A-Me")
On a scale, the "me" sound needs to be low.
This is because if you raise the sound of "A", it becomes the "candy" of the person who eats it.

Therefore, if the lyrics come first, the degree of freedom of the melody will inevitably decrease.

First of all, I would like you to remember.
Where do you listen to the song you listened to for the first time?
No one reads without listening to the lyrics card, right?
First, you can hear the sound.
If that makes you feel better, you should be listening to the lyrics.
I'm staring at the lyrics card because I'm very curious about it.
If you don't mind, I can't even see the lyrics card.

That's why I'm thinking of making something with a good melody.

It seems difficult to put lyrics on the melody!
It's often said, but I can only say that I'm used to it.
I work a lot, so when I listen to the melody and arrangement, I get a rough idea.
And there are some lyrics that only come out just by worrying until you vomit.
But sometimes I can write it right away.
It is case by case.

Still, it doesn't reach people who have never done it.
Yes, I have never done that.

So I would like to compare it to something.
Now, let's compare songwriting and cooking.

If you say in the cooking procedure you write the song first and then put the lyrics on it

1) Decide what to make
2) Prepare the ingredients
3) Think (imagine) the procedure
4) Cut and prepare the material
5) Bake or boil
6) Seasoning
7) Serve

it is normal. You can make it normally.
But what if the lyrics come first?

1) There are ingredients that can be cut, seasoned, and cooked, so please try making them.

that's all.

Because it has already been cut and tasted
I can't do it even if I want to make it a little more spicy
I can't do it even if I want to make it a little bigger
Ask the seasoned chef, "Can I season it a little and change it?"
"Are you dissatisfied with the seasonings? It's ridiculous! It's your job to do something! I won't forgive you if you change the taste even a millimeter!"
I'm angry, so it's not very good, but I can't say it.

What's more, I know it's my job to maximize and improve the taste.
I desperately try to complete it. ..

I think it's a good analogy, but did you understand it for some reason?

So most of the modern songs you hear make the melody first.
Of course, I think the lyrics may come first,
I wonder if I had a job to say only once since I became a writer.
I have hardly experienced it.

I don't have the confidence to write my own song using the lyrics.

EARSY

photo by Tsuyoshi Fukunaga

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)