グアテマラの月

2021年10月17日 06:42

昨日に続いて今日はグアテマラの月である。
ぶっちゃけグアテマラの月はそこまで印象に残っていない、何故なら
月よりも星の存在感の方が断然強いからである。

私の実家があるパナハッチェルという街は、深夜になると日本とは違い真っ暗闇になる。
街灯が申し訳程度に点灯しているくらいで、24時間営業の店もなければ、開いているガソリンスタンドも無い。
かろうじて開いているクラブやライブハウスも看板ひとつ出していなかったりするので全く持って夜道は暗闇である。

従って星が大変良く見える。それに伴い、月の存在感は薄れる。
標高が1500Mというのも関係しているかも知れないが、文字通り「掴めそうな星空」である。

この話は以前SNSでも書いたことがあるので、読んだ人もいるかも知れないけれど
とても美しい体験だったので書き記しておく。

グアテマラには原発はない。基本電力は火力だけで賄っている。
しかし如何せん国力が小さい為、それにも限界がある。
一日の電力を一日が終了する前に使い切ってしまうことがしょっちゅうあるので、よく停電になるのである。
私が初めてグアテマラに行った時も何度か停電を経験した。

それは突然起こる、食事中でも、テレビを見てゴロゴロしている時でも、シャワー中でも、ネットサーフィン中でも
なんの前触れもなくフッと街中の電気が消える。

当然私は「なになに?何事?」と騒ぎ立てるが、現地の人たちの落ち着きようったら無い。
「OK,大丈夫だよEARSY、ただの停電だ」

日本では停電なんてしょっちゅうは経験しないので、何をどうすればいいのか瞬時に分からない。
真っ暗闇の中で少しずつ目が慣れていく中で、現地の人は蝋燭に火を灯して、何事もなかったかのように食事を続けたりしている。

パソコンをいじっていた私は何もすることがなく、ただ電気が回復するのを待つだけであった。

そんな私にそこの子供達が声をかけてきた
「ついてきて!」
そう言って私の手を引っ張ってどこかに連れて行こうとする。
言われるがままついていくとそこは屋根の上
恐る恐る屋根の上に子供達と一緒に座ると、彼らは一斉にゴロンと横になった
「あなたも寝て!」
そういうので私もゴロンと横になって、夜空を真下から見上げた。

その時、思わず声を出さずにはいられなかった。

今まで見たことのない圧倒的な満点の星空
天の川が端から端まで広がり、もう美しい通り越して神々しいほどの星空
草通り越して森通り越していきなりコスモ状態。

おびただしい数の星、、、というと何やら心地よくないが、それくらいの量だった。
ここまであるともはや気味が悪い、、というくらいの星だった。
天然のプラネタリウム
じっと見上げていると吸い込まれて、宇宙に自分が浮かんでいるような錯覚すら覚えた。

「停電も悪くないでしょ?」
子供達はそう言って、星を見上げていた。

その時、当然月も浮かんでいたのだと思う
しかしまるで記憶にない。
月の存在感など吹き飛ばす勢いの小さな星達のパワー
それはとてつもないものだった。

小さなものでもひとつひとつが全力で光ってそれが集まると大きな光をも凌駕する
もちろん、星や月が自ら光を放っているわけではないことは承知の上で

その経験はいつまで経っても、私にとって人生で最も美しい瞬間No.1である。

しかしこれが日本となると停電になったらそれこそ大騒ぎだ。
電気がないと本当に何もできない。
スマホが電波障害で小一時間使えなくても国を揺るがすほどのパニックが起こる
脆弱にも程がある。

いやはや、どうしたものであろうか。
頭ではわかっていても、日本に帰ると一日中電力のお世話になっている。
スマホがないと買い物ひとつできない。
スマホの充電が切れたら誰の電話番号もわからない、覚えてなんていない。

いざとなったら私死ぬな。

そう思った。

などと書いているこの日記も電力のおかげで、私は電気がないと何ひとつ仕事ができないのだ。

脆弱にも程がある。

グアテマラに移住すれば、少しは強くなれるのだろうか。
なりたいものである。

Today is the month of Guatemala.The moon in Guatemala is not so impressive.
This is because the existence of stars is much stronger than the existence of the moon.
Unlike Japan, the city of Panajachel, where my parents are, is pitch black at midnight.
There are few street lights, no 24-hour stores, and no gas stations.
Even barely open clubs and live houses don't have single sign-on, so it gets dark at night.

Therefore, the stars look very good. Along with that, the existence of the moon decreases.
It may have something to do with the 1500M altitude, but it's literally a "starry sky that you can grab."
I've written this story on SNS before, so some people may have read it.
It was a very beautiful experience, so I will write it down.

There is no nuclear power plant in Guatemala. Basic electricity is covered only by thermal power.
However, because the national power is small, there are limits to that.
Power outages often occur because the power of the day is often used up before the end of the day.
When I first went to Guatemala, I experienced several power outages.
It happens suddenly, whether you're eating, watching TV, showering, or surfing the internet.
The electricity in the city goes out without any warning.
Naturally, I make a fuss about "what? What?", But I can't help the local people to calm down.
"OK, it's okay, EARSY, it's just a power outage."

There aren't many power outages in Japan, so I don't know what to do in an instant.
As the eyes get used to it in total darkness, the locals light the candles and continue to eat as if nothing had happened.
I was messing around with my computer, so I just waited for the electricity to come back and had nothing to do.
The kids there called me that way
"Follow me!"
With that said, I pull my hand and try to take him somewhere.
If you follow what you are told, you will be on the roof
I sat on the roof with the children and lay down all at once.
"You too lie down!"
So I lay down with Goron and looked up at the night sky from directly below.

At that time, I had to speak up.

An overwhelming starry sky that I have never seen before
The Milky Way stretches from end to end, passing through the beautiful starry sky
After passing through the grass and through the forest, it suddenly becomes a cosmo state.

A huge number of stars ... I'm not comfortable with it, but it was about that amount.
It was a star that was creepy at this point.
Natural planetarium
When I looked up, I was sucked in and even felt the illusion that I was floating in space.

"Isn't the power outage bad?"
The children said so and looked up at the stars.

At that time, I think the moon was naturally floating.
But I don't remember.
The power of small stars that blow away the presence of the moon
It was tremendous.

Even small things shine with all their might, and when they gather, they surpass even big lights.
Of course, knowing that the stars and the moon are not shining on their own.

That experience has always been the most beautiful moment in my life.

However, when it comes to Japan, if there is a power outage, that is a big fuss.
You can't really do anything without electricity.
Even if the smartphone cannot be used for an hour due to radio interference, a panic that shakes the country occurs
There is also a degree of vulnerability.

No, what's the matter?
Even if I know it in my head, when I return to Japan, I am indebted to electricity all day long.
You can't do one shopping without a smartphone.
When my smartphone runs out of charge, I don't know anyone's phone number, I don't remember.

Don't die in case of emergency.
I thought so.
Thanks to electricity, I can't do anything without electricity.
There is also a degree of vulnerability.
Can I get a little stronger if I move to Guatemala?
I want to be.

EARSY

Guatemala/Chichicastenango photo by EARSY

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)