東京の月

2021年10月16日 06:29

高校を卒業する際、進路を決めるのに二択で悩んだ。
ひとつは音楽の道、もうひとつはファッション業界への道。

結局、前者を選んで今があるわけだが、後者を選んでいたら全く別の人生だったのだろうと思うと感慨深いものがある。

高校3年の時、いよいよ進路を決定しなければならなくなった時、一度だけ東京モード学園へ見学に行った。
実は当時私は広島ファッション専門学校からスカウトがあり(地元ではちょっとしたファッションリーダーだった)無償で入学できる身分であったが、どうせなら東京でと思っており、モード学園に連絡して時間を設けていただいた。
バイトで貯めたお金でホテルの予約をし、高速バスに乗った。
東京駅八重洲口に着いたのが朝の5時くらいで、開いているのがマクドナルドだけだったので、入って時間を潰した。
その時のことは今でもはっきり覚えている。
朝の5時なのに人がたくさんいた。
寝ている人が大半で、起きてハンバーガーを貪っている人達の顔には覇気と言うものが全く無かった。
まだ酔っ払っているのか、足元がおぼつかない人もいた。
中学生くらいの女の子までいた。
ああ、東京だなぁ。。。と都会の自堕落な感じを味わいつつも、言葉にならない虚無感を感じた。

昼前にモード学園の職員さんと待ち合わせをしていたので、渋谷へ向かった。
それは丁寧に学校内を見せていただき、説明していただいた。
しかし何故かそこまでテンションは上がらず、その時は入学の即答を避けその後青山へ向い、コムデギャルソンやらKENZOやらを見て周り、原宿をぶらぶらしてホテルへ向かった。

その時ふと空を見上げると、満月が浮かんでいたのをよく覚えている。

その時思ったのだ
”ああ、私はここでは暮らせないな”

何故そう思ったのかはわからない。
わからないが、その時見た月は広島で見ていた月とは明らかに何かが違っていたのだ。
月なんて世界中どこから見ても同じなはずなのに。

”なんて寂しい月なんだろう”

私は確かにその時そう感じた。

その寂しい月にある種ノスタルジーを感じ、それごと魅力的に見える時もあるだろう
寂しいからこそ東京、とも言えるかも知れない、その時の私はそれくらいのことはわかっていたはずだし
私はそもそも寂しいから嫌だ、と思うようなタイプではない。

にも関わらず「ここでは暮らせない」と感じたのは、自分でも本当に意外だった。

その証拠にその後、NY、ボストンと一年ほど暮らしたが、その時は全く思わなかったのだ。
NYの月は全く寂しくなかったし、ボストンもそうだった。

あれから海外にはあちこち行っているものの、寂しい月だなんて思ったのは東京しかないのである。
ただ、その寂しさから生まれる「何か」があることもわかっている。

おしゃれで、かっこよくて、でもダサくて、カッコ悪くて、冷たくて、でも人情を求めていて、他人に興味がなくて、でも他人の目は気になって、寂しくて、でも寂しい人にはなりたくなくて、お金があれば楽しくて、でもお金じゃ手に入らないものもあって、いろんな人がいて、でもみんなどこか同じで、満たされない、何をどうやっても
けして満たされない

それが東京。

その東京で、私は自分を保ち続ける勇気が、おそらく当時は持てなかったのだろうと思う。

今では、なんともないかも知れないけれど。

でもあの時、そう思ったことで今の私がいるのは確かである。
音楽の方を選んだのは、これからの音楽は世界中どこにいても同じになると思っていたから。
思惑通り、デジタルネットワークは目覚ましい進歩を遂げ、広島にいて困ることは何もない。

でも不思議なことに、時々見たくなるのだ
あの時の寂しい東京の月を。

今でもちゃんと感じ取れるだろうか。
寂しい月のその裏側にある、ありとあらゆる東京の「何か」を。

When I graduated from high school, I had two options for deciding my course.
One is the road to music and the other is the road to the fashion industry.

After all, I chose music, but if I chose the fashion industry, it would have been a completely different life.

When I was in the third year of high school, I finally had to decide my course, so I went to Tokyo Mode Gakuen only once.
Actually, at that time, there was a scout from Hiroshima Fashion Senmon School (local fashion leader), and I was able to enroll for free, but I thought I was in Tokyo anyway, so I contacted Mode Gakuen and set aside time. received.
I booked a hotel with the money I saved from my part-time job and took a highway bus.
I arrived at the Yaesu exit of Tokyo Station around 5 am, but only McDonald's was open, so I went in and killed time.

I still remember that time clearly.
There were many people even though it was 5 am.
Most of them were asleep, and there was no humor in the faces of those who woke up and devoured burgers.
Some people couldn't feel their feet, probably because they were still drunk.
There were also girls around the junior high school students.
Oh, it's Tokyo. .. .. While enjoying the self-deprecating feeling of the city, I felt an indescribable feeling of emptiness.

I had a meeting with the staff of Mode Gakuen by noon, so I headed to Shibuya.
He politely showed me the inside of the school and explained it to me.
However, for some reason, the tension did not rise so much, so at that time I immediately avoided the reply of admission and headed for Aoyama, looked around Comme des Garcons and Kenzo, and hung around Harajuku and headed for the hotel.

When I looked up at that space-time, I remember the full moon floating.

I thought at that time
"Oh, I can't live here"

I don't know why I thought so.
I don't know, but the moon I saw at that time was clearly different from the one I saw in Hiroshima.
The moon must be the same no matter where you look in the world.

"What a lonely moon!"

I certainly felt that way at that time.

The lonely moon can make you feel nostalgic and look attractive.
I can say that Tokyo is due to loneliness, but I must have known that much at that time.
I'm lonely in the first place, so I'm not the type I hate.

Nevertheless, I was really surprised that I couldn't live here.

After that, I lived in New York and Boston for about a year, but I didn't think about it at all at that time.
The New York moon wasn't lonely at all, and Boston wasn't lonely either.

I've been abroad since then, but I thought it was a lonely month in Tokyo alone.
But I also know that something comes from that loneliness.

Fashionable and cool but dull, not cool, cold but looking for humanity, not interested in others, worried about others' eyes, lonely, but lonely, not wanting, enjoying money, getting money It's money with lots of people who don't, but they're all the same and I'm not happy with anything.
Never satisfied

That is Tokyo.

I think that in Tokyo, I didn't have the courage to maintain myself at that time.

It may not be possible now.

But at that time, I think that's what I'm doing now.
I chose music because I thought that future music would be the same no matter where I was in the world.
As you can imagine, digital networks have made great strides and you don't have to worry.

But strangely, I sometimes want to see it.
The lonely moon of Tokyo at that time.

Can I still feel it?
Behind the lonely moon, "something" of all kinds in Tokyo.

EARSY

photo by Tsuyoshi Fukunaga

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)